スポンサーリンク

UVレジンでオリジナルスタンプを自作!作り方を解説!

ものづくり

今回紹介するのはレジンを使ったスタンプの作り方です。
オリジナルの絵柄がどれだけでも作れるようになるで、このテクニックは覚えておいて損はないですよ!

必要なものは

  • レジン
  • プリンター
  • インクジェット用OHPシート
  • ソフトレジン
  • スタンプインク
  • 取手用木材
  • カッター
  • シリコンマット(なくても可)
  • マスキングテープ
  • 両面テープ

です。

作りたいスタンプの絵柄が白抜きになった画像データを作成します。使うソフトはなんでもオッケーです。
この画像をOHPシートに印刷するんですけど、無駄がないようにサイズはA6にしています。
全く同じものが2つ1セットになるように画像を作ってください。あとで重ねて使います。
線が細すぎたり、小さい点で構成されるようなデザインは避けた方がいいですね。作るのが難しいです。
透明なものに印刷しますので、画像を反転させる必要はないです。

試しに普通紙で印刷。
文字や絵柄のサイズを確認します。いい感じですね。

こちらがOHPシートです。

OHPシートをA6サイズにカットします。
OHPシートは印刷面の裏表があるので、間違えないように気をつけてください。


印刷してみました。
印刷直後はインクが乾燥していないことがあるので、触らないようにしましょう!

真っ黒に印刷されているように見えて、実はスカスカ…
あと、手で触れたところに油脂が残っていたみたいで、跡が残ってますね。


切り抜きます。今回はこの3つの絵柄でスタンプを作ろうと思います。

2つのOHPシートを絵柄がぴったり揃うように重ねていきます。固定にはマスキングテープを使います。
光を通したくない部分なので、濃い色のものの方がいいですね。

こんな感じにぴったり揃えます。
写真では下側にしかテープがないですが、上側にもテープを貼ります。

続いて、レジンを流し込むモールド(型)を作っていきます。
今回モールドの土台にはシリコンマットを使います。100均のもので十分です。

モールドの壁の部分には、OHPシートの切れ端を使います。

こんな感じでマスキングテープで固定して、四角いモールドを作ります。

ここでポイントですが、モールドは一回り大きめに作った方がうまくいきます。
流し込んだレジンが、表面張力によってモールドの壁付近で盛り上がり、フラットになりません。
一回り大きめに作ることで、フラットな部分でスタンプを作ることができます。

レジンも100均で買いました。ハードとソフトがありますが、スタンプを作る場合は、ソフトを使います。

モールドにレジンを注いでいきます。
厚さが1,2mmくらいがいいですね。
ドライヤーなどを使って、レジンに熱を加え柔らかくしつつ、なるべくフラットになるようにします。あと、気泡を出来るだけ取り除きます。

UVライトで固めます。
この時はしっかり固まるように3,4分ほど照射しました。
これでベース部分の完成です。

次の層も同じくらいの厚さになるようにレジンを注ぎます。
フラットになったら、上にOHPシートを載せます。
このとき、OHPシートとレジンの間に気泡が入らないように慎重に載せます。

上手く載せられたらUVライトで固めます。
ここが一番難しいポイントです。
UVライトの照射時間が短すぎると固まりきらないので、OHPシートを剥がしたときに形が崩れてしまいます。
逆に、UVライトを照射し過ぎると、余計な部分まで固まってしまいます。
ベストな照射時間は、注いだレジンの量や、UVライトの性能によって異なりますので、何回か繰り返し作ることで探っていくしかありません。

UVライトの照射が終わったら、続いて固まっていないレジンを洗い流す作業に移ります。
洗い流す時は、お湯を使った方がレジン柔らかくなってが流れやすいです。
細かいところのレジンも取り除くために、使い古しの歯ブラシなんかを使って、丁寧に洗い流しましょう。
レジンに触れると肌が荒れますので、ポリ手袋などをつけた作業した方がいいでしょう。

レジンを洗い流し終えたら、水分を拭き取ります。
いい感じに固まりましたね。
固め切るために、最後にもう一度UVライトで照らします。

ここまでできたら、あとは楽勝です!

スタンプに使うインクは100均にも売っていますが、個人的なオススメは、このインクです。

スタンプの柄や方向がわかるように、取手の頭に一押ししておきます。

接着には両面テープを使いました。

試しに押してみます。
いい感じでしょ?

残りの二つはこんな感じに仕上がりました。

オリジナルのスタンプの完成です!

材料さえ揃えてしまえば、いつもでオリジナルのスタンプが作れるので、このテクニックはかなり便利です!
ぜひ挑戦してみてください!

コメント