スポンサーリンク

【レザークラフト】フィルターホルダーを自作してみた【無料型紙】

ものづくり

ほぼ毎日、コーヒーを飲む生活をしています。豆を挽くところから始め、ドリップしています。

ドリップのときに使うフィルターですが、ジップロックに入れて保管していたのですが、どうも見た目がよろしくない・・・

もう少し見栄え良く、そして、取りやすくならないものか。

そんな重いから、今回はコーヒーのペーパーフィルターをストックしておけるホルダーを作ってみました!

Advertisements

フィルターホルダーを自作!

型紙の作成と切り抜き

今回から型紙をソフトウェアで作ることにしました。

できたのがコチラです。



PDFファイルもありますので、コチラからDLしてみてください。もちろん、ファイルは無料です。

印刷した型紙

型紙を印刷しました。A4サイズです。

切り終えた型紙

コピー用紙に印刷したので、板目表紙に糊付けしてから、型紙を切り抜きました。

FRONTにある四角い穴は、スプーンを掛けるホルダーを取り付ける位置です。

型紙に書いてある10×34の長方形はスプーンホルダー用のパーツです。必要なパーツなので型紙に記載しましたが、わざわざ型をとることもないので、切り抜きはしませんでした。

仕上がりのイメージ

ペーパーフィルターをセットしてみて、実際の仕上がりをイメージしてみます。サイズ、形状ともにいい感じですね。

レザーの切り抜きとコバ磨き

ちょうどいいサイズの端材

型紙ができたので、次はレザーをカットしていく作業です。

前回メガネケースを作ったときの端切れがちょうどいいサイズだったので、ここから切り出すことにしました。

メガネケースを作ったときの様子はコチラからどうぞ!

切り終えた各パーツ

無事各パーツを切り終えることができました。

スプーンホルダーも忘れずに用意。

かすかに印をしている

FRONTの型紙に開けた穴を頼りに、スプールホルダーの位置を印しておきます。

写真では分かりづらいですが、薄っすらとラインを引いています。

先にコバを磨いておく

縫い合わせたあとだと面倒な部分は、この時点で先にコバを磨いておきます。

縫い付け作業

縫い付けたスプーンホルダー

印を頼りに、スプーンホルダーを縫い付けました。

裏面は極力平面に

裏面はこんな感じです。

ペーパーが引っかかると問題なので、なるべく平面になるよう瞬間接着剤で固めました。

両サイドの縫い目を開ける

続いて、両サイドの縫い目を菱目打ちで開けていきます。

両サイドを縫い終えた

両サイドを縫い終えました。これで縫いの作業は完了ですね。

紐をつける

上部の穴に紐を取り付けます。

型紙では4mm径の穴ですが、必要に応じて調整してみてください。

完成!

完成!

ペーパーフィルターをセットしてみて、仕上がり具合を確認してみます。

バッチリですね!完成にしましょう!

壁に掛けてみる

こんな風に壁に掛けて使います。

スプーンを掛けてみる

計量スプーンも掛けられるので、ちょっと便利になりました。

写真撮影時に軽量スプーンがすぐに用意できなかったので、ティースプーンで代用していますが・・・(笑)

まとめ

なかなかいいものができたんじゃないでしょうか?

こうやって、普段よく使うものを自作してより便利にアップグレードしていくのは楽しいですね。作り甲斐もありますし。

今後は型紙をどんどん公開しようと思うので、皆さんもそれを参考にレザークラフトを楽しんでみてください!

コメント