スポンサーリンク

【レザークラフト】Apple Pencilキャップカバーを自作!紛失防止いいね!

ものづくり

去年の10月ごろからiPad Proを使ってます。

iPad Proといえば、smart keyboardとApple Pencil。

どちらも購入し、普段から使用しているんですが、ペンシルの方に問題がありまして・・・

これがApple Pencil。

 

バッテリーをチャージするときは、この頭のキャップを外す必要があるんです。

チャージにかかる時間は比較的短めなんですけど、その間、キャップは完全にフリー。どこへでも旅立てる状態なんですね。

これまで幾度となく、紛失の危機に見舞われました。

このままでは、いつの日か必ず見つからなくなる。

日に日にそんな予感が強まってきたので、キャップと本体を繫ぎ止めるカバーをレザーで作ることにしました。

今回はその製作過程をご紹介!

Advertisements

レザーで作る「Apple Pencil キャップカバー」

まずはサイズの確認から始めます。

といっても、細かい数値を測るのではなく、実際に素材とペンを当てて、必要な長さをみていきます。

こんな具合に巻きつけてみて、しっかりホールドされる長さに目星をつけていきます。

 

その結果、だいたいこれくらいのサイズが必要だということがわかりました。

40mm*35mmですね。

 

さらにこんな感じにカットします。

真ん中はやや細めにして、曲がりやすくしておきます。

 

菱目打ちで縫い穴を開けました。

2つ穴の方がキャップ側。3つ穴の方が本体側です。

キャップの方はサイズ的にこれがベストと判断。本体の方はキャップよりも強めにホールドしたいので、大きめにとりました。

 

キャップ側を縫い、試しにはめてみました。

ちょうどいいホールド感です。これなら簡単には外れないでしょう。

 

なんだっかカブトムシみたいだぁ・・・と思わず写真を撮ってしまいました(笑)

 

本体側も縫い、はめてみました。

いい感じです。接合部分の曲がり具合も狙い通りになりました。

 

キャップを外した状態。

これで、充電のときもキャップを紛失する心配がなくなりましたね。

 

簡単にコバと床面を磨き、完成です!

 

転がり防止にもなりますし、いいものができました。

まとめ

といわけで、今回は、Apple Pencilのキャップカバーをレザーで自作し、その過程をご紹介しました。

これでキャップを紛失する不安から解放されましたね。

無造作にカバンに詰め込んでも、失くしてしまう心配をせずにすみます。

どんどん持ち出して、ドヤアッポーペンソーができますね(笑)

コメント