書籍 一覧

書籍

修行中の僕がホリエモンの「多動力」を読んで学習効率について考えた

修行中の僕がホリエモンの「多動力」を読んで学習効率について考えた

ホリエモンこと堀江貴文さんの「多動力」が最近話題ですね。僕も早速読んでみました。 全体を通して違和感なく、スムーズに納得できる一冊でし...

記事を読む

【3月の読書記録】

【3月の読書記録】

さて、少し遅くなりましたが、3月分の読書記録を残しておこうと思います。 ひと月分の目標は ビジネス書を8.3冊 小説を...

記事を読む

【小出義雄のマラソンの強化書】読みやすい・分かりやすい・実践しやすい。マラソン初心者にはオススメの一冊ですね。

【小出義雄のマラソンの強化書】読みやすい・分かりやすい・実践しやすい。マラソン初心者にはオススメの一冊ですね。

今年に入ってからランニング熱、マラソン熱が上昇し、気合い入れて頑張っています。 ランニングのいいところは、シン...

記事を読む

為末大さんの「諦める力」読みました/勝つために貪欲に諦めることの大切さ

為末大さんの「諦める力」読みました/勝つために貪欲に諦めることの大切さ

元アスリート・為末大さんの「諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない」を読みました。今回はその感想です。 為末大「諦める力」を読ん...

記事を読む

Kindle Singles知ってます?有名作家の作品多数!洋書多読にも使えるかも?おすすめも紹介!

Kindle Singles知ってます?有名作家の作品多数!洋書多読にも使えるかも?おすすめも紹介!

最近知って、めちゃくちゃハマってます、Kindle Singles。 あまり話題になっていないようですが、個人的に結構おもいしろい仕組...

記事を読む

【漫画】ゲームするときの目線が変わるかも。ダンジョン飯、読みました。【レビュー】

【漫画】ゲームするときの目線が変わるかも。ダンジョン飯、読みました。【レビュー】

今日は漫画のレビューです。以前から気になっていた九井諒子さんの「ダンジョン飯」です。賞歴がすごいですよね。 2015年度コミッ...

記事を読む

「甘えの構造」を読んで考えた、働き方のこと。

「甘えの構造」を読んで考えた、働き方のこと。

先日、土居健朗の「甘えの構造」を読みました。昭和46年に出版され、当時の日本人に大きな衝撃を与えた一冊らしい。 まず、「甘え」の意味を...

記事を読む

読むにも書くにも「文章の型」が大切なワケ【考える技術・書く技術】

読むにも書くにも「文章の型」が大切なワケ【考える技術・書く技術】

先日、板坂元さんのロングセラー新書「考える技術・書く技術」を読みました。そのなかで、文章の型(パターン)について非常に参考になることが書かれ...

記事を読む

【書評】ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙【感想】

【書評】ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙【感想】

久しぶりにこれだけ分厚い本を読んだ気がする・・・が、人名索引を含めて667ページか。数字にするとそれほどでもないですね。でも、非常に読み応え...

記事を読む

【書評】「ゼロ秒思考」読みました!効果出てます!【感想】

【書評】「ゼロ秒思考」読みました!効果出てます!【感想】

『0秒思考』という本を読みました。赤羽雄二さんのビジネス書です。本書のテーマは、ずばり「思考力を鍛えるためのトレーニング法」。それも非常にシ...

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
1 2