スポンサーリンク

【レザークラフト】これで針を失くさない!レザーで「針刺し」を作ってみた!

ものづくり

僕は小さなものをよく無くしてしまうんです…

レザークラフトでは「針」がその代表ですね。絶対部屋のどこかにあるはずなのに、消えてしまいます。

これは保管の方法が悪いのだろう、保管の方法を変えてみようと思い「針刺し」を作ることにしました。

Advertisements

レザーの針刺しの作り方

材料

材料は

  • 布(針を刺す面にするもの)
  • わた
  • 縫い紐

の4点です。

製作

まずは、革の形を整えます。今回は小さめのものを作りたかったので、一辺6cm弱の正方形にしました。

表裏2枚、同じものを用意します。

2枚を縫い合わせるので、表面だけに縫い穴を空けるラインを引きます。

裏面は、両面テープで表面とぴったり重なるように貼り付けます。

 

工程がだいぶ進んでしまいましたが、縫い穴を空けました。

そのあと、表面になる方に、針を刺す布部分のための枠を空けます。形状はお好みのデザインで大丈夫です。僕はある程度シンプルなデザインにしてみました。

布はこんな感じですね。革よりもひと回り小さめです。この時点で、革枠の内側のコバを磨いておきます。後から磨けないので。

革を縫うときと同じように、表面と布を縫いつけました。

さらに、表面と裏面を重ねて縫っていきます。三方が縫えたところで、一旦ストップ。わたを詰めていきます。

今回結構カチカチになるまで詰めましたが、ちょっと固すぎたかも(笑)このあたりの調整、難しいですね。

わたを詰め終わり、最後の一辺を縫い合わせます。ほぼ完成ですね!

問題がないか、針を刺してみます。バッチリ刺さります。でも、もう少し大きめに作って、もっと深く刺さるようにした方がよかったかもしれませんね。

最後にコバを磨いて仕上げ、完成です!

まとめ

可愛らしいサイズのレザーの針刺しができました(笑)

これを愛用すれば、針をなくすことが減るはず!

減るはず。

減るはず…

コメント