スポンサーリンク

GPSウォッチのバンドがボロボロ・・・中華ノーブランドに交換!

日々のジョギングで必ず身につけているGPSウォッチ。これがないとログが取れないので、走るときは必ず身につけています。

中古で購入してから1年が経過したガーミン foreathlete 620j 。目立った傷もなく表面はまだまだ現役で使えます。

が・・・

バンド裏面はボロボロ・・・どうしても経年劣化を避けられない部分ですもんね。仕方ないです。

時計のバンドくらいなら簡単に交換できるので、部品さえ手に入ればなんとかなります。

Amaoznで見てみると、純正品は¥2980。消耗品と考えるとそこそこ良い値段。

一方で、互換性のありそうな中華ノーブランド品は¥704。4分の1以下!

ちなみに620jのベルトサイズ(ラグ幅)は15mmです。この数字が大切ですので、商品を選ぶときに注意しましょう。

といわけで、これはもう中華ノーブランドで決まりでしょ(笑)

ボロボロになったバンドを中華ノーブランドに交換!

注文から1週間後・・・

おなじみのちゃちい包装で到着。でも、中国から送料無料で届くんだから驚きである。本体価格¥704のうちいくらが運送費なんでしょね。

中身はこんな感じ。簡易パッケージですね。注文したのは表がブラックで、裏がホワイト。純正品のように表ブラック、裏ブルーが理想でしたが、ラインナップになかったので、一番無難なこれにしました。

パーツ類も全て揃ってます。中華品を買うときって全然期待していないので、必要な部品が揃っていると妙な嬉しさがありますよね(笑)

付属のドライバーを両側から差し込み、ネジを回します。片側だけだとネジがまるごと回転してしまいますからね。

ネジは非常に小さいので無くさないように注意。

反対側も同様にして外す。

外すときと同じようにして、今度は取り付けにかかります。あっと言う間に終了。

純正はウレタンだったのかな?新しいベルトはシリコンゲル素材なので、より柔らかく肌触りがいいように感じます。

耐久性に関してはまだ使っていないのでわかりませんが、特に不安要素はないですね。値段から考えて、半年から1年持ってくれれば十分。

しかし、切れるときは徐々に切れてほしいところ。はしってるときに突然ブチンと切れでもしたら、落としたことに気付かず行方不明になる可能性もありますからね。

以上、GPSウォッチのバンドを中華ノーブランドに交換してみた感想でした!

コメント