スポンサーリンク

Amazon Echo PlusでHueホワイトグラデーションの色温度の変え方まとめ

Amazon Echo Plusの招待状が届いたので、ついつい衝動買いしてしまいました・・・(笑)いずれにせよ買う予定ではあったので、手に入れるタイミングが少し早くなっただけ、と自分を納得させてます。

20181月下旬現在、Amazon Echoシリーズのいずれかを購入すると、 フィリップスのHueのホワイトグラデーションが無料で購入できるキャンペーン中です。無料ならば買わない理由がありません。ということで早速購入。現在はキャンペーンが終了してしまった模様。

「Philips Hue ホワイトグラデーションは白色に特化したスマートLED照明」というのが、最初の僕の認識でした。

ところが、説明をよく読むと色温度の調整も可能らしいことが発覚しました。

照明のオン・オフ切り替えと明るさ調整しかできないだろうと思っていたので、色まで変えられることには驚きでした。なんだか得した気分だぞ!

EchoとHueが家に到着したので早速セッティング。アレクサにHueを認識させ、いよいよスイッチオン!

と、ここまでは非常にスムーズに進みました。ググればたくさんのガイド記事がありますし、困ることはないでしょう。

ですが、

問題はここからだ・・・

色温度の変え方

まずは

「アレクサ、ライトをつけて」

「アレクサ、ライトを50%に」

なんて感じで、アレクサにライトの調光をさせ、ついに我が家もスマートホームかぁ(照明だけ)と感慨に耽りつつ遊んでいました

そして、そろそろ色温度も変えてみようかと思ったのですが・・・

アレクサになんて伝えればいいのかわからない。

これは困ったぞ・・・

本来ならば、Philipsが販売する「ブリッジ」や「Dimmer」というスマートLEDライト用のコントローラを使うことでHueの色温度を調整するようです。

しかし、今回はEcho Plusの「スマートハブ機能」を使うことで、Hueをコントロールしています。そのため、ブリッジもDimmerもありません。つまり、物理的な調整ボリュームがない・・・

アレクサアプリを見ても、明るさの調整はできますが、色温度の調整はできません。

どうやら言葉で伝えるしかないようです。

色温度の調整で困っている人があまりいないのでしょうか。ネットで探しても、まとまった情報が見つからない。うーん、参ったな。

そんなわけで、これまで自力で発見した情報とコマンドをここに載せておこうと思います。

色温度のパターンは4種

まず、調整できる色温度は4種類ということ。4つのシーンに合わせた色味になっているらしいです。

  • 集中する(昼光色6500K)
  • やる気を出す(昼白色5000K)
  • 本を読む、くつろぐ(電球色2200K〜2700K)←公式で2種まとめて紹介されていました。

アレクサが聞き取ってくれるコマンド

それぞれの色温度に対応する言葉がこちらです。

色温度 コマンド
6500K
昼光色(ちゅうこうしょく)
5000K
白色(はくしょく、しろいろ)
2700K
電球色(でんきゅうしょく)
2200K
暖色(だんしょく)

例えば、「アレクサ、ライトを昼光色に」と言えば青っぽい明かりになり、「アレクサ、ライトを暖色に」と言えばオレンジ色の明かりになります。

まとめ

今回、コマンドを発掘するにあたって色々な言葉を試してみました。

探り探りやってみて、ヒットした時は想像以上に嬉しいですが、効率を考えるとなんだかなぁと思います。

スマートLEDなんだからスマートな方法はないものか。

あと、自分の言葉はアレクサにきちんと伝わってのエラーなのか、伝わってないエラーなのか判別しづらいのも難点。滑舌に自信がないのです・・・アレクサアプリで確認できるようですね。

スマートスピーカー、まだまだ使いこなせていませんな。とにかくもっと遊んで、慣れようと思います(笑)

追記:どうやらアレクサアプリのHueスキルの画面に、色温度変えるコマンドのヒントが掲載されたようですね。ですが、全てのコマンドが載っているわけではないので、ぜひ本記事を参考にして見てください。

コメント