【断捨離】「15分で27個捨てる」に初心者が挑戦!気楽に続けて習慣化させたいですね

昔からシンプルなものが大好きで、服や食器はできるだけ無地のものを選ぶことが多いです。

ところが、家の中を見渡すといろんなものでゴチャゴチャしています・・・生活空間はシンプルじゃないんですよね・・・

これが最近とてもストレスになっていまして、なんとかして断捨離したい!特に「捨」したい!と思っていました。

そうは言っても何から始めればいいのやら見当つけられず、ただただ整理整頓を繰り返しごまかす日々を過ごしていました。

そんなときに偶然「15分で27個捨てる」という刺激的なワードに出会い、そして「これならできるかも」と挑戦してみることにしました。

そんなわけで、今回は「15分で27個捨てる」にチャレンジしてみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「15分で27個捨てる」に挑戦!

そもそも「15分で27個捨てる」とは?

「15分で27個捨てる」でググると実にたくさんの方が挑戦していることがわかります。

一体どういう経緯でこの「15分で27個捨てる」というものが流行ったのでしょうか。

どうやら日本国内における発起人は、断捨離やミニマリズムなどをテーマにしたブログ「筆子ジャーナル」を運営する筆子さんのようですね。

上記記事にもあるように、筆子さん自身はお片づけ支援サイトFlyLady.netが提案している「27 fling boogie」から着想を得ているようです。

15分間というのは忙しい日でも合い間を見つけて十分実行できる時間です。ところで、27は一体とこからきたのでしょうか。本家27 fling boogieの解説でも唐突に27という数字が出てきます。

答えらしきものは、ここにありました。

27個という数にはきちんとした根拠はありませんが、風水的に運気を呼び込む数字にちなんでいるようです。多すぎず少なすぎず、走り回って集めるには適度な数だと思います。

つまり、論理的な根拠のある数字ではなく、「いい感じの数字だから」ってことですね。なので、頑なに27という数字にこだわる必要はないようですね。

「15分で27個捨てる」のポイントは?

大切なのはスピード感のようです。勢いよく捨てるものを選んでいくことで、ものに対する感情が芽生えないうちにゴミとして捨てることができます。

慌てて捨てたら、あとあと困るのでは?という心配もあります。しかし、捨ててから後悔するものって案外少ないというのが断捨離界では定説で、その「捨てたあとが怖い」というマインドを取り払うことが初心者が最初に越えるべきハードルと言えるでしょう。捨てたあとをあれこれ想像してしまうことで、どんどん決断力が消耗していき、何も捨てられなくなります。まずはこの思考をなくしていきます。

スピードを重視することで、最大のネックである捨てる怖さを感じる前に、勢いで押し切るのです。とはいえ、視界に入ったものは全てゴミ箱に入れるような荒療治ではなく、15分間の猶予があるわけですから、その時間内にある程度今後の使い道を考えてもいいんじゃないでしょうか。

15分で27個だと、1個あたり約33秒。この間に捨てるものを見つけ、判断・決断する。見つける時間のことを考えると判断にかけられる時間は10秒程度でしょう。ちょうどいいくらいに時間かもしれませんね。このとき、それがあった場合の使い道を考えるのではなく、ない場合のことを想像することもポイントですね。

それはで「15分で27個捨てる」スタート!

スマホのタイマーを15分にセットしスタートしました。

初挑戦だったので家の中はゴチャゴチャです。捨てるものを見つけるよりも、どれからを捨てようかという判断で苦労しました(笑)

結局、キッチン周りと細々としたものを入れているカゴをメインに27選出しました。

  • iPhone4
  • あまり美味しくなかったお菓子
  • ウクレレ
  • マグカップ
  • スプーン
  • フォーク
  • クシ
  • ポスター
  • ギターエフェクター
  • ドラムパッド
  • カーテン縛るやつ
  • 耳栓
  • 期限切れの薬(いっぱいありました)
  • 電球
  • 木片
  • チャージャー
  • キーホルダー

が今回の捨てるものリストです。売れそうなのものはヤフオクにでも出そうと思います。

いざ始めるとあっという間に15分が過ぎ、まだまだ探したいという気持ちになりました。このやりきってない感じが次回のチャレンジを促すエネルギー源になるんでしょうね。

まとめ

実際のところ、27個全部合わせても大した体積にならないので、部屋の見た目は全然変化していまいせん(笑)でも、繰り返し「15分で27個捨てる」ことで徐々に変わってくるのだと思います。

これまでなかなかいい機会に出会えずにいましたが、「15分で27個捨てる」に挑戦することで断捨離を始めるきっかを掴めました。最終的にはミニマリストを目指そうと思います。

その最終目標を達成するためには、捨ててばっかりじゃダメで、きちんと「断」と「離」のことも考えていかないとなぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です