Amazonパントリーは意外と高い?近所のスーパーと比較してみた。

数ヶ月前にAmazonプライム会員になったので、新しく使えるようになったサービスをお試し中です。Amazonっていろんなサービスがありますよね。

今回Amazonパントリーを使ってみたので、その感想を書いてみようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Amazonパントリーは意外と高い

Amazonで買い物をするメリットは様々ですが、その一つに安いということがあります。一度Amazonの商品の安さを知ってしまうと他で買いものできなくなりますよね。

Amazonで買い物すれば、なんでも安く買える。この感覚でAmazonパントリーを利用すると結構がっかりします。なぜかというと、あんまり安くないからです。

商品の値段を比較してみましょう。

普通のAmazonとAmazonパントリーの比較

まず、普通のAmazonで買うのとパントリーで買うのとを比較します。

僕のヘビーユース食品、マ・マー早ゆで2分スパゲティ1.4mm。平日の昼食はほとんどこれとレトルトソースです。健康には良くないだろうけど、コンビニ弁当なんかよりかは安全かなと思ってます。

通常のお値段の方は、

  • 通常注文:¥1,509(¥377/個)
  • Amazon定期おトク便(10%off時):¥ 1,358(¥340/個)
  • Amazon定期おトク便(15%0ff時):¥ 1,283(¥321/個)
となっています。最安値で買える15%offのサービスを利用するにはプライム会員になっておく必要があることに注意ですね。
一方で、パントリーでの購入すると、
  • パントリー:¥324 (¥324/個)

です。パントリーもプライム会員限定サービス。

15%offもパントリーも会員費が掛かるので、必要なプラスアルファの費用は同じ。パントリーで買うよりもAmazon定期おトク便15%0ffを使う方がお安く購入できるということですね。

パントリーで送料を無料にするには条件があるため、送料290円が掛かることを考慮するとパントリーはさらに不利になります・・・

しかし、問題は定期便は一回の注文につき4つ注文する必要があるのに対し、パントリーは1点での購入ができます。この点をどう考えるかですね。

近所のスーパーと比べてみると・・・?

パスタの値段だけしか比較していませんが、パントリーが不利なことがわかりました。ここで、さらに近所のスーパーで同じ商品の値段を見てみましょう

なんと¥258!安い!!!しかも、1%がポイントとして還元されるので実質¥255程度。

これだけ安いとAmazonで購入するメリットってなんなんだろう?と考え込んでしまいます。スーパーの方が圧倒的に安いですもん。

パスタ以外もスーパーの方が安い

今回はパスタの値段で比較検証を行いましたが、他にもAmazonで買うよりもスーパーで買った方が安いものがたくさんあります。例えば、キャノーラ油やハミガキ粉など。

しかし、中にはAmazonの方が安いものももちろんあります。シャンプーやコンディショナーとかはAmazonの方が安いですね。

まとめ

なるべく安い値段で買い物をしたい。一般庶民であれば、誰しもが抱く願望のはず。

この願いを実現するためには、購入方法や購入先を多様化する必要があると思います。Amazon v.s. スーパーという単純な対比ではなく、Amazonのどのサービスがいいのか、近所のどこのスーパーがいいのかを考える必要があります。

また、商品によって売り手側の得手不得手があるので、さらに複雑な状況になりますね。

これに便利さ、つまり、移動にかかる費用と時間も考慮すると・・・

まぁ、結論を言ってしまえば、納得のできる買い物がしたいねってことです(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です