直角との死闘・・・『一枚板』でテーブルを作ってみた!

日曜大工系のDIYを始めた人ならば誰しもが一度は憧れるであろう『一枚板』を使ったテーブル作り。

実は、一枚板を使った工作机を作っていたのですが、どうもしっくりこない・・・

その工作机がこれです。

img_0258

完全に物置きになっちゃってます(笑)

これではせっかくの板がもったいないというわけで、小さなテーブル(ちゃぶ台サイズ)に作り替えることにしました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「一枚板テーブル」に挑戦!

天板選び

まずは、工作机から天板を取り外します。

今回使うのはこの板。栓(セン)の木です。

img_0259

原木が適当に大きくて、欠点が比較的少なく、加工が容易で、木理鮮明なため、家具用材と して古くから利用されてきた。

木材販売専門店/木の知識/木の用途と性質 セン(栓)[ウッドショップ関口]

引用にあるように、栓は家具として使われる木材のひとつです。

一枚板でテーブルを作る際は、大きな加工が必要ないので、材料の選択肢は非常に広いです。ある程度硬い板であればオッケーですからね。

また、一枚板と言っても、形状にもいろいろな選択肢があります。縦横比や厚みもこだわりどころですが、特に気にしておきたいのが「耳」です。

耳とは、木材周辺に残った木の表面部分のことです。一枚板の場合、これをあえて残すことがよくあります。木材の一辺だけに耳がある「片耳」と両側にある「両耳」の2種類あります。僕が今回使用する材は片耳になっています。

さらにこだわりポイントがあります。それは「木目」です。細かく言うと杢(もく)だったりするのですが、大雑把に「木の模様」と思ってください。

木材には様々な木目がありますが、どれひとつとして同じものはありません。同じ樹種でもダイナミックなものから繊細なものまで非常に個性豊です。たくさんある木材の中から、自分の感性にビビッときた木目の材を選びましょう。

ちなみに今回使用する木材の木目には青みがかったところがあります。これは「ブルーステイン」と言ったり、単純に「青」と言ったりするもの。木を青く変色させる菌によってこんな色になっているんです。菌によって脆くなっていることもあるので、注意が必要でもありますが、より個性的な木材を探しているのであれば、選択肢としてはありですよね。

おさらいをしておくと、一枚板を選ぶときのポイントは

  • 樹種
  • 形状
  • 木目

の3つです。自分の求める木材はいったいどんなものなのか。これをヒントに考えてみるといいかもしれません。

脚作り

天板に使う木材が準備できたところで、今度は脚を作っていきます。

床に座って使うテーブルの高さは、個人的に31.5cmがベストだと思っています。何の根拠もないですが(笑)今回はその31.5cmを目指して作っていきましょう。

まず、板厚。5cmありますね。なので、脚の長さは26.5cmということになります。

img_0260

脚に使う材料にもこだわりたいところですが、今回は工作机を分解したときに出たツーバイフォーを再利用していきます。

で、ここから木材との格闘が始まります。

テーブルに限らず工作全般に言えることですが、きっちりと直角に切られた材料を使わなければ、出来上がったときにガタガタな仕上がりになってしまいます。

特にテーブルの脚の場合、天板と接する面も床と接する面も斜めになると悲惨ですからね。

というわけで、今回はこういう治具を作り、使ってみました。アルミのアングル材です。

img_0262

これに磁石を両面テープで貼付けてあります。

img_0266

また、木材にクランプしたときに正確に直角になるようマスキングテープで角度を調整してあります。

img_0267

いったいこれがどのような役目を果たすのかというと・・・

img_0263

ノコギリがピッタリと治具に張り付いてくれるので、直角をキープしたままブレることなく切れるのです。極端な話。何も考えず前後にノコギリを動かせばいいわけです。ですが、これがなかなかのくせ者で・・・

とりあえず、1本目の脚を切ってみました。

治具の性能はバッチリで、うまく直角がでました。

img_0264

が、治具を斜めにクランプしていたみたいで、別の面とは直角になっていませんでした・・・

img_0265

今回は材料に余裕がないので、これはこれで妥協するとして、2本目に挑戦です!

どうだ!?

img_0268

うわああああ!!!また失敗!!!!

勝負はこれからだ!!!めげずに3本目!!!

どうだろう?

img_0269

よっしゃ!!!直角!!!(写真ではボケてて全く確認できませんが、ちゃんとできてました)

img_0270

と思いや、今度が治具の不調で別方向が直角にならず・・・治具を見直します。

img_0272

写真では分かりづらいですが、なんとクランプに負けてマスキングテープが凹んでました。というわけで、テープを張りなおします。

あと、磁石を4つに増やしました。これでよりブレを抑えます。

img_0271

そして、いざ、勝負!

・・・

img_0273

・・・

img_0274

両面ともに直角がだせました!(写真ボケまくりですが)

さて、これで4本の脚が揃いました。今度は脚に取り付ける補強材を作っていきます。

補強材作り

今度は部分的に切り取る加工なので、難易度がアップします。

img_0275

まずは、先ほどと同じ治具を使い、半分切り込みを入れます。

img_0276

今度は角度を変えて切るので、万力で挟み込みます。

img_0277

そして、漢らしく手ノコで勝負!!!この方向だと治具が使えませんからね。

img_0278

切れました。さて、仕上がりはいかがでしょうか・・・

img_0279

うん、なかなかいい感じです!治具なしでもいけるじゃん(笑)

img_0280

もう一方も切りまして、こんな感じのパーツになりました。

img_0281

あとは同じような工程を繰り替えし、必要なパーツを揃えていきます。

img_0282

全て切り終えたところで、ノコギリによる作業は終了です。戦いは終わったのだ!

組み立て

組み立てには木ネジを使います。本当なら組み木でいきたいところですが、難易度が高く時間がかかるので、今回はあきらめました。

まずは、脚と補強パーツを繋げていきます。

天板の幅が左右で異なるので、補強材の幅もそれに合わせて変えてあります。

img_0283

そして、左右の脚のペアを繋げるパーツでさらに補強します。これで前後左右に対してかなり強くなります。木製のベンチとか、こういう構造のものがありますよね。

img_0284

この脚と天板とは、L字の金属パーツで繋ぎます。こんな感じ。

img_0285

どんどん付けていきましょう。

img_0286

テーブル完成!

img_0288

できました!!!一枚板テーブル(ちゃぶ台)!!!

img_0287

天板に対して脚が太いので、かなり堅牢な作りになりました。背景のごちゃごちゃは気にしないでください(笑)

仕上げはオイルフィニッシュ

ここで終わりにしてもいいのですが、一枚板のテーブルにはレザーと同じく、「育てる」という楽しみがあります。

今回は亜麻仁油でオイルフィニッシュをしていきます。が、それは最終的な話であって、今回はその前段階のウェットサンディングです。

天板にオイルを乗せた状態で、サンドペーパーを使い磨いていきます。こうすることで、木の粉が木材の隙間に入り込み、目止めの役割を果たすのです。これを数回繰り返した後に、今度はタオルでオイル磨きをして終了になります。オイルの乾燥にはかなりの時間がかかるので、気長に育てていきたいと思います。

img_0291

磨き終わったあとは、再びもとの位置に置いてみました。道具ぶら下げている壁も増築してスペースを広げてみました。いい感じ、いい感じ。

img_0294

まとめ

以上、一枚板でテーブルを作ってみた、でした。

一枚板のテーブルは、構造がシンプルでも存在感があっていいですね。案外、DIYしやすい家具かもしれません。興味のある方は是非、挑戦してみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です