固定回線なし!ポケットwifiなし!格安SIMだけで生活して半年、そのメリットを2つ紹介。

今年(2016年)の4月に引っ越しをしたんですが、それを機にネット環境を変えました。「格安SIM一本」という非常にシンプルな環境です。PCなどはスマホのテザリング機能を使ってネットに繋いでいます。

はっきり言って不便です。

格安SIMはライトユーザー向けの契約をしているので、月々3GBしか高速通信ができません。つまり、一日あたり約100MBの通信をしていると、月末には低速通信しかできないというわけです。

低速通信時は、スマホでネットサーフィンしていても、たまに読み込みに時間がかかることがあります。テザリングでPCに繋いでネットしたときなんかは、上から順番に読み込まれる画像を眺めつつADSL時代を思い出し、変なノスタルジーを覚えます。

とにかくそんなネット環境で生活しているわけですが、不便さを感じる一方で、2つの大きなメリットがありました。今回は、そのメリットのご紹介。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. 通信料の大幅な節約

ネット環境を変えようと思い立ったのは、通信料の大幅な節約できるということが大きいです。

この半年、月々の通信料は1700円〜2300円くらい。格安SIMの場合、いくら通話したかで請求額がそこそこ変わりますので、多少のムラがありますが、いまのところ2500円を越えたことはないですね。

非常に大雑把ですが、スマホで6000円、家の回線で4000円とすると月々1万円かかります。この場合と比較すると、月々8000円前後の節約になっています。一年で96000円と考えるとデカいですよね。

節約した分だけ、快適なネットライフと充実したサポートを手放しているので、素直に「ベストな選択」とは言えません。ですが、大きなトラブルもないですし、耐えられないストレスを感じることもないので、そこそこいい選択だと自分では思っています

格安SIMがいろんなところで話題になっている今、通信料とサービスのバランスの取り方に様々な選択ができるようになりました。通信料を見直す機会かもしれませんよ。

僕の場合は、格安SIMでほぼ全てをまかなうという選択をしました。結果として、不便を感じつつも十分納得できる通信料となりました

2. 持続的な軽いネットデトックス

ネットが不便になったことで、自然とアクセスしている時間が大幅に減りました。特に、大きなデータ量を食うYouTubeなどの動画配信サイトはほとんど使わなくなりました。それまでは、好きなユーチューバー数人の動画を毎日見るような生活をしていましたが、その習慣が完全になくなりました。

YouTubeを見なくなった分、空いた時間に本を読んだり、ちょっと手の掛かる料理に挑戦したり、早めに寝たりすることに使っています。ベタですけど。

動画の視聴時間は減りましたが、一方でテキストメインのコンテンツを読む量は特に変化なしですね。寧ろ少し増えたかもしれません。テキストだと低速通信でも比較的サクサク見れるので、どうしてもやめられません。

また、どうしても大容量の通信が必要になった場合は、公共の無料wifiを利用しています。iPhoneのkindleアプリなんかはwifiへ接続されていないと更新すらできないので、平日に読みたい本をチェックしておき、週末に図書館のwifiで一気にダウンロードというパターンが出来上がっています。

ちなみに僕の場合、パソコンとは無縁の仕事をしているので、職場にネットがありません。なので、週末に図書館ということになっていますが、人によっては職場で通信も可能でしょうから、うまいこと活用することで不便さを解消できるかもしれませんね。

まとめ

メリットとして、通信料の節約になること、ネットデトックスができることの2つを挙げました。通信料が高くて不満を持っている方、ネットに依存している自覚のある方は、格安SIM一本化をしてみるといいかもしれません。

とは言え、なかなか極端な環境だと思いますので、まずはスマホを格安SIMにして、その後様子を見つつ家の回線を解約するなど、段階を踏んでみたほうがいいかもしてませんね。

また、ネット回線やスマホの契約をすぐに変更、解約するのは難しいと思います。引っ越しのときや契約更新時を狙って実行してみるのがいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です