「はてブ」使ってたら理想が高くなって、ブログの更新ができなくなった話。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログの更新ができない・・・

ここ数ヶ月、ブログの更新が滞っていた。仕事で時間がなかったわけでも、パソコンの調子が悪かったわけでもない。ただただ新しい記事を書く気力がなかったのだ。

正確に言うと、記事を書き上げるまでの気力がなかった。コレを書いてみよう、アレを書いてみようというアイディアは常にあった。実際、書き始めたものもいくつかあった。

ところが、どうしても途中で手が止まるようになった。次第に1文字も書かずにやめることが続くようになった。
その理由は明確で、自分が書いたもの、書こうとしたもののクオリティに満足できなかったからだ。面白くて、価値があって、完成度が高い、そんな記事が理想像として僕のなかにできあがっていた。そして、いつでも比較対象になっていた。

どう考えても身の丈にあっていない理想像。気付かない間に、それを越えよう、越えようとチャレンジしては失敗し、ついにチャレンジしてみようという初期衝動すら沸かなくなっていた。

この理想像はいつ生まれたのか

初期衝動をぶち壊すこの理想像はどこから生じたのだろうか。ふと、そんなことを考えてみると、もしかしてコイツが原因じゃないか、というものに思い至った。

「はてなブックマーク」だ。

はてなブックマークのアプリをDLし、毎日そこに掲載される記事を読むようになってから、書くことに対するハードルが格段に上がったように思おう。

そもそも、なぜこのアプリを導入した意図は、手軽に情報収集と発信をしようと思ったからである。ニュースや人気の記事を読むことで、アイディア集めや上手い書き方の勉強をしたり、いい記事にコメントを付けtwitterでシェアすることで、手軽に発信したり。

ところが、数多くの人気記事に触れることで、それらが持つ高いクオリティがスタンダードだと感じるようになっていた。「記事を書いても、これくらいの質がないと意味がないだろう」という完成度の高い理想像を思い描くようになっていた

そんな理想像に向かって、いざ文章を書いたところで、当然書けるわけがない。結局、途中で手が止まる。

なぜ書けないのか。勉強が足りないからだろう。そう考えて、さらに頻繁にはてブを見るようになった。次から次へ、面白い記事がインプットされ、理想像の完成度は高まっていく・・・

この悪循環のなかをグルグルと巡るうちに、1文字も書くことをしなくなっていた。

悪循環の原因は断ち切ろう

ということで、しばらくの間はてブの利用を控えようと思う。それが結論。

理想を捨て、まずは駄文でもなんでもとにかく書こう。そこから徐々にレベルアップすればいい。自分の書くものが価値を持つのだろうか、という疑問は一旦置いて、思ったことが素直に書けるようにトレーニング。まずはそこからだ。

ある程度力がついてきたという実感があれば、そこで再び、はてブを見てみるかどうか考えるとしよう。

当分は難しいことは考えず、自己満足な文章を書き続けよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です