電気ケトルでドリップコーヒー!DRETECステンレスケトル買いました。

コーヒーは飲むのも淹れるのも好きです。ドリップしてコーヒーを淹れている時間は、僕にとってリラックスタイムです。

ドリップコーヒーを淹れる上で、重要なのがヤカンの注ぎ口。適量のお湯を時間を掛けつつ流し込む必要があるので、注ぐ量をうまくコントロールできる細い口のものが一般的です。

普段、電気ケトルでお湯を沸かしているのですが、電気ケトルだと注ぎ口が大き過ぎます。なので、ドリップ用のヤカンにお湯を移してからコーヒーに注ぐ・・・という面倒なことをしてきました。

最近、電気ケトルを買い替えることになったので、ドリップコーヒーを淹れることも想定して探してみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DRETEC ステンレスケトル

今回、購入してみたのが、DRETEC(ドリテック)のステンレスケトルです!

注ぎ口が他の電気ケトルよりも細くなっているのが特徴です。まさにドリップコーヒーを淹れることを考えたデザインになっています。

IMG_5468

僕が普段使っているヤカンと比べてみましたが、いい勝負ですね。あまり細すぎたら逆に汎用性が失われるので、これぐらいの細さがいいバランスなのかもしれません。カップラーメンにゆっくりお湯を注いでも仕方ないですし(笑)

IMG_5470

通常の電気ケトルは目盛りが付いていますが、このケトルには付いていません。代わりに、内部に最大量(0.8L)を示す目盛りがあります。僕はあんまり目盛りを気にしないので、これで十分ですね。

IMG_5469

スイッチを入れると、底のランプが光ります。電気ケトルの中には、このランプが上部に付いており、自分の出す蒸気にやられて自滅するものがあるそうです(笑)以外と、電気ケトル選びでのポイントかも。

IMG_5464

常温の水を最大(0.8L)まで入れて沸騰させてみました。だいたい6分掛かりました。可もなく不可もなく。

IMG_5466

まとめ

IMG_5467

ドリップコーヒーを淹れるんだけど、いちいち電気ケトルからヤカンに移すのが面倒・・・というような方、オススメです!

見た目的にも普通の電気ケトルよりオシャレな感じがするので、僕は気に入ってます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です