りんご箱を使って荷造りしました。

この3月、大学院の卒業に伴い、引越しをすることになりました。

ところが、荷造りをしていていると、うちにある『りんご箱』をどう扱うかが問題になりました。(りんご箱リメイク!DIYでインテリアに【7例】

捨てるのはもったいない・・・ならば、これに荷物を詰めて新居に送ってしまえ!

というわけで、ダンボールの代わりにりんご箱に荷物を詰めて、引越し先まで送ってみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

りんご箱を使って、荷物を送れるのか?

結論から言いますと、条件付きですが送れます!今回は九州から北陸、距離にして1000Kmほどの輸送距離ですが、大きな問題もなく送ることができました。

まず、状況を整理するため、いろいろ説明していきます。

りんご箱のサイズ

IMG_5429

発送に使ったりんご箱のサイズは、縦30cm×横64cm×高さ31cmでした。最終的に、これにフタをして段ボールで覆ったので、各辺1cmほど大きくなったと思います。クロネコの宅急便だと140サイズになります。

詰めた荷物の内訳

荷物はこんな感じに詰めました。

IMG_5433

大判の本も楽々入ります。工具箱も。

最終的には、こんな感じになりました!mac book airの箱も入ります。りんご箱が大きいのか、MBAが小さいのか。

IMG_5437

最後に板でフタをしました。割れ物が入ってなくて、中身がしっかり詰まっているのであれば、フタは必要ないかもしれません。

梱包時の注意点

梱包するときに注意点が2つあります。

  • 隙間を作らない
  • 釘はテープで覆う

IMG_5434

段ボールを使った場合も同じですが、隙間を作らないように梱包することが大切です。僕は、隙間にTシャツや靴下を詰めました。

ふたつめの釘ですが、りんご箱には釘がたくさん使われています。そして、その中のいくつかが鋭い部分が飛び出ていることが多いです。僕はあまり気にせず梱包してしまったせいで・・・

IMG_5442

中で書籍が釘に引っかかってしまい、破れてしまいました・・・ショック・・・ということで、釘には要注意です!必ずテープなど覆いましょう!

全体を段ボールで覆う

りんご箱は、木目の穴や隙間があります。

IMG_5430

小さい隙間ですが、ここから何か出てしまったり、逆に入り込む可能性があります。

IMG_5431

こんな風に内側から段ボールで塞ぐのもありです。

IMG_5432

ですが、僕はりんご箱全体を段ボールで覆いました!だいたい大きめの段ボールが2箱あれば、全体を覆うことができます。

IMG_5440

送料は?

最後に、気になる送料ですがクロネコの宅急便の場合、140サイズが適用されます。しかし、140サイズの最大重量は20kg。僕はたっぷり詰め込んだので、20kgを越えてしまいました。

IMG_5438

なので、結局160サイズ扱いの値段となりました。九州から北陸なので、だいたい2000円です。詳細な料金は、クロネコヤマトさんのホームページを参考にしてください。

まとめ

以上、『りんご箱で荷物は送れるのか』でした。

隙間や釘に気を付け、全体を段ボールで覆えば、送れます!

届いたらまた、インテリアとして使えるところがいいですよね。多機能です。

リメイクするのも有りですが、引越しを考えているなら、箱の状態に保っておくのも手ですね。

運送会社や運ぶ人、梱包の方法や内容物によっては、りんご箱や内容物が破損する可能性があります。りんご箱に荷物を入れて送る場合は、十分な強度や中身の安定性の確認をしっかりと行って下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です