【レザークラフト】超シンプルな手帳カバーを自作してみました!

そろそろ4月なので、新しい手帳を探していたのですが、なかなかしっくりくるのが見つからない・・・

というわけで、手帳の中身だけ購入し、カバーはレザークラフトすることにしました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シンプルな手帳カバーを自作

今回は、超シンプルな手帳カバーを自作することにしました!仕上がりはこんな感じです!

IMG_0252

では、製作過程をご紹介。

材料

新たに購入した材料はこれだけ。

IMG_0238

  • 200×400×1のヌメ革 1枚
  • 2mm径の丸レース 1m(50cmあれば十分でした)
  • カバーなしB6サイズの手帳

これ以外に用意するものは、糸と針、切るためのナイフや穴あけ工具など、レザークラフトの基本セット。それに加えて、留め具に木材(ウェンジュ)の小片を準備しました。

まずは、ヌメ革を切る

僕の場合、製作するもののデザインの大部分を頭の中でやってしまいます。しかし、結構失敗も多いので、だいたいのデザインや寸法などをメモ書きしておきます。

IMG_0239

サイズが決まったらヌメ革の切り出しです。

IMG_0241

切り出しには小刀を使っています。カッターだと一発で切れないので、断面がキレイにならないことがあります。切れ味のいいナイフを使う方がキレイに仕上がりますよ!

縫い穴あけ加工

ヌメ革の切り出しが終わったら、今度は縫い穴あけ。まずは、ガイドラインを引きます。穴あけ工具を使っています。

IMG_0242

穴あけ工具は、菱目3本と4本の目打ちとデザインナイフ。今回は1mm厚のヌメ革なので、主に4本の目打ちを手で押し込んで穴あけをしました。微妙な修正にはデザインナイフで対応。

IMG_0243

ひたすら手縫い

縫い穴が整ったので、あとはひたすら手縫いです!

IMG_0245

コバ部分がずれている・・・けど、細かい修正が後回し(笑)

IMG_0246

コの字に縫い、手帳を挟み込めるようになりました。手帳っぽくなってきましたね。反対側も同様に縫っていきます。

IMG_0247

留め紐の取り付け

手帳の形が整ってきたところで、留め紐を取り付けます。今回はこんなデザインにしました。裏側で縫い付けてあります。

IMG_0248

ウェンジュの端材を使って、留め具も製作しました。小さいので加工がちょっと大変でした。

IMG_0249

留め具を紐に通して、こんな感じに固定できるようにしました。うーん、もうちょいしっかり固定された方がいいかな。この辺は今後の課題ですね。

IMG_0250

完成!

というわけで、完成です!

IMG_0251

コバの修正、オイル塗りがまだですが、暇を見つけてやっておこうと思います。

実は、若干サイズを間違えたので、手帳の方を加工しました(笑)写真では分かりづらいですが、表紙を台形にカットし、外枠を1mmずつくらい小さくしています。とりあえず、今年度の分はこれでやってこうと思います!

IMG_0253

レザークラフトとしては、初心者に最適なレベルだと思います。気になる方は、是非、挑戦してみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です