めっちゃ簡単!?『ピクルスの素』で自家製ピクルス。

先日、ピクルス作りの楽しさを紹介しました。

そのとき、ピクルス液を作る楽しさについて書いたのですが、実際のところスパイスを使って作るピクルス液は奥が深い・・・

これはスパイス料理全般に言えることなのですが、使用するスパイスの種類や量をどうするのか、ホールを使うのかパウダーでいいのか等々、アレンジできる要素が多く絶妙なポイントを見つけるのは至難の業になってきます。まぁ、その試行錯誤の過程が楽しかったりするので、ポジティブな難しさですが(笑)

でも、最初からいきなり「スパイスがどうたら〜」と言われても、めんどくさいんですよね。僕の場合は、趣味のカレー作りで鍛えたスパイスに関する知識が少々あるので、スパイスに対して抵抗はなかったのですが、ゼロから始めるとなると腰が重いでしょう。

そんなスパイスの知識ゼロの人にオススメしたいのがGABANの『ピクルスの素』です。

今回はこのピクルスの素を使って、ピクルスを作ってみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピクルス作り!

では早速、ピクルスを作っていきましょう。

IMG_0081

これがピクルスの素です。カルディで買いました!

パッケージに書かれている方法に従って調理をしていきます・・・

あれ?

スパイスと水とお酢と砂糖を混ぜて、野菜を入れるだけ?

というわけで、めっちゃ簡単に作れますね。一度加熱した方が良さそうな気もするんですけど、今回は説明に従いましょう。加熱しない場合、すぐに冷蔵庫に入れられるので、その点でも楽でいいですね(笑)

IMG_0082

今回使う野菜は、キューリとズッキーニ、そして、ベビーコーンです。前回、レンコンに挑戦したのですが、個人的に失敗でした。熱して灰汁抜きをするなど下準備をする必要がありますね。ベビーコーンは一度挑戦したことがあるので、安心して投入できます。今回は量的にタマネギを控えました。

IMG_0083

で、切って漬けて、終わりです(笑)砂糖を多めにして、甘めの味付けにしました。うーん、上の方が漬かっていないのが少し不満ですが、とりあえず、このまま漬けてみます!

まとめ

まだ漬かっている最中なので、最終的にどんな味になるのか楽しみです。現段階でかなり本格的な味になっています。

ちょっとクローブが強めな気がするので、気になる人は減らしてもいいかもしれません。果実のヘタのような形をした黒いスパイスがクローブです。

しっかり漬かったあとの味に関して、またレビューしていきたいと思います!いい味に漬かってくれるといいんですけど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です