500円以下で読める「ブログの書き方」系電子書籍レビュー【9月下旬】

ここ最近、電子書籍に慣れようという意味合いで、安い書籍をiphoneアプリやipadアプリで読んでいます。

結論から言うと、電子書籍は読めば読む程慣れます。が、安い書籍はハズレが多過ぎますね。

読んだ電子書籍は「ブログの書き方」系の所謂ハウツー本、もしくは「ブログ書くといいことありますよ!」という自己啓発系の書籍でした。そのためか、ネットで探せば無料で読めそうな内容が多いので、これお金払う必要あったの?と思ってしまいます。

別ジャンルなら安くても読み応えのある書籍があるんでしょうか。今後、模索したいところですね。

とりあえず、備忘録も兼ねて書籍紹介しておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

9月下旬、読んだ本まとめ

9月下旬に読んだ500円以下の電子書籍は4冊です。持ち上げても誰も得しないので、辛口でいきます。

自己啓発本ですね。ブログを継続するための思考法10個、コツ4つが紹介されています。

「初めてブログを始めたんですけど、最近モチベーションが・・・」っていう人向けですね。そういった人が「もうブログを続けられない!」って思ったときに読むにはいいかもしれません。

しかし、ブログ暦が少し長めの人にとっては内容が浅く感じるでしょう。もう少し技術的なことが書かれていれば得る物があるかも。

上と同じ著者による電子書籍。これも自己啓発系です。ブログネタの仕入れ方がまとめてあります。また、トレンドと特化型、それぞれの特徴などもまとめられています。

この書籍も初心者が読むにはちょうどいいかもしれません。難しい話が出て来ないですから、読んだその日から実践できますよ。

ですが、やっぱりですけれど、少々ブログ歴があるひとにとっては物足りないでしょう。もっと突っ込んだ無いようじゃないと「これで終わり?」感があるんじゃないかな?

まぁ、そもそもある程度ブログ歴がある人が「ブログに書くことがない!」と思ったときに、自己啓発本に手を出さないですよね(笑)ネタ探ししますよね。

ということで、本書の対象はブログ初心者です。

イケダハヤトさんの著書です。収益化を考えてブログを始めた人で知らない人はいないんじゃないかな?

イケダハヤトさんが書いた過去の記事が38本ピックアップされて掲載されています。そして、それぞれの記事に書き下ろしの執筆後記が添えられています。

炎上ブロガーと呼ばれることもあるイケダハヤトさんだけあって、ピックアップされた記事、執筆後記ともにエッジが効いてますね(笑)イケダハヤトさんのファンかアンチかでこの本の評価が分かれるでしょう。清々しい意見を読んでいて気持ちがいいのでファン側ですね。

WEB業界の時間の流れからするとだいぶ古い本になるので、その点は注意です。しかし、イケダさんのファンで、自分もエッジの効いた文章が書きたいなら読んで損はしないでしょう。

ハウツー本と自己啓発本の間くらいの書籍です。ケーススタディとして、ブログの更新が面倒になる状況が8例、解決策とともに紹介されています。

また、各種ツールも紹介されているので、初心者にオススメですね。初心者じゃない人は恐らく全部知っているので、読む必要はないでしょう。

内容はありきたりなのですが、なんだか好感の持てる文章なので読んでいて嫌な気持ちにはならないですね。

他の著書も読んでみたいと思います。

まとめ

ブログに関する本は内容が結構似たり寄ったりだと感じます。ですが、逆に考えると、抑えておくべきポイントは限られているということです。ならば、まずは簡単なのものでもいいので1冊読んでおいて、一通り頭の中に入れておくといいかもしれませんね。

また、この手の本を読んでおくことで、将来自分が出版する側に回ったときの参考にしたいと思います。人生の100のリストに「書籍出版」を書いてありますから(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です