意外と面白かった!?自分の『人生の100のリスト』を書き出してみた

ロバート・ハリス氏の著書『人生の100のリスト』。原題”The List of One Hundred Dreams “が示す通り、この本にはハリス氏の夢が詰まっています。具体的なものから、正気か?と思ってしまうものまで。

人生の100のリストの内容はさておき、この100のリスト作りがブロガーさんの間で流行っているようです。リストを書き出すことで様々なメリットがあるようで、皆さん面白いリストを作成しています。

そんなブロガーさんたちの人生の100のリストを訪問しまくっていると、なんだか僕も作ってみたくなったので、思い切って作ってみました(笑)

僕の『人生の100のリスト』

リスト作りに当たって心がけたことがあるので、まとめておきます。これから作る人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

100のリスト作りで心がけたこと

実現可能なものにする

いろんな人のリストを見ていると、とんでもないことを書いている人を結構見かけました(笑)例えば、「悪魔に出会う」なんていう項目。まぁ、何を悪魔と定義するかで実現の可能/不可能が変わってきますけど・・・

「火星人に会う」的な項目があっても、それはそれでグッドだと思います。ですが、僕は達成していくことこそ、リスト作成の意義だと思うので、実現が可能な範囲で考えてみました。

なので、人によっては「こいつのリストつまらんなぁ・・・」と感じるかもしれません。でも、僕にはウケ狙いの奇を衒ったリストの方がつまらないんです。その辺は、価値観の違いですね。

達成/未達成の境界線がはっきりしたものにする

これも重要です。達成することに重きを置くならば、何をもって達成したと判断したかを明確にしておく必要があります。

例えば、「病気にならない」なんていう項目を作っても、死ぬまで達成できるかどうか判断できません。

死んで始めて達成されるリストを作っても不毛だなぁ、と僕は感じたので、生きているうちに達成と判断できるようなものにするように心がけました。

ステップアップ型で水増ししない

ブロガーさんのリストでよく見かけたのが、

  • 10000PV達成する
  • 50000PV達成する
  • 100000PV達成する

といった感じのステップアップしていく項目です。

確かに、このように目標を設定しておくと、順々に達成されていき成長を感じることができます。それがモチベーションになるでしょう。

ですが、僕は最終目標だけをピックアップしリストに掲載しました。それまで道程は個別に目標設定しておけばいいですからね。

とは言っても、僕のリストの中にも、解釈によってはステップアップ型のものが含まれています・・・この辺は少し妥協しました(笑)

まとめ

「アイディア全然湧かないなぁ」とやってみて感じました。日頃から何かを発想する訓練は必要ですね(笑)

リストは随時更新する予定です。もう少しクオリティ高めたいですから。

頑張って早いうちに100個達せしてしまいたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です