レザークラフト初心者が揃えた道具を紹介するよ!今のところこれで十分かな。

レザークラフトを始めて約一ヶ月の初心者ですが、製作に最低限必要なものが分かってきたので紹介しておきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは僕の製作環境から

僕がレザークラフトをする時間帯は夜が多いです。なかなか昼間に製作するチャンスがありません。さらに住んでいるのはアパートです。

そのため、騒音には非常に気を使います。

レザークラフトって意外とハンマーでカンカンする作業が多いらしく、専門誌やサイトを見ても夜はできないな・・・と思うような工程が多く紹介されています。

でも、実際はどうなんでしょう?「できれば静かに製作したいな」、そう思う人も少なくないんじゃないでしょうか。

そこで、僕は深夜のレザークラフトマンとしてどこまで製作が行えるのかに挑戦します。騒音が出せない環境に住んでいるけれど、レザークラフトやってみたいと思う方の参考になればいいと思います。

道具はこれだけ

Amazonなんかで「レザークラフト 製作キット」と調べると、何十点もの道具がセットになった商品が見つかりますが、十分過ぎる気がします。

僕が製作に使っているのはコレだけ。

IMG_0264

  • カッティングマット
  • 定規
  • カッター
  • レザークラフト用針
  • 菱目打ち
  • ライター

の6点です。カッティングマット、定規、ライターは100均で十分。カッターも100均でいいですけど、僕はこれを愛用しています。

刃先が30度とかなり鋭角になっているので、細かいカットや急な曲線にも対応できます。オススメですよ!

レザークラフト用の針は、この前買ったキットに付属していたものを使用。

レザークラフト初心者オススメ! 90分で作れるコインケースキット!

菱目打ちは3本目です。

3本目なのには理由があります。

僕の製作では、騒音を出さないことが大前提なのでハンマーが使えません。つまり、菱目打ちを使って革に穴をあけるとき、手でグサッと差し込む必要があります。腕の力は限られてます。4本目や6本目では、その力が分散してしまい頑丈な革を突き破ることができません。

かと言って、初心者の僕が1本目や2本目を使って均一で直線的な穴が付けられるのか、少々疑問が残ります。

というわけで、直線出しが簡単で力も入れやすい3本目がオススメです。

材料は限られる

騒音を気にしながら製作をする場合、ハンマーが使えないので、使える材料も限定されます。

IMG_0265

とりあえず、今のところはこれだけ。

糸は何でもいいと思います。しかし、革は選ぶ必要があるでしょう。

何種類か試してみたのですが、ハンマーなしでもストレスなく製作するためには、厚みが1.5mm程度が限界に感じました。2mmだと大変です・・・ハンマーがあれば余裕ですけど。

1.5mmより薄い物はまだ試していませんが、ペラペラな革は個人的に好みではないので、今後はこの1.5mmで作っていこうと思っています。

作ったものを紹介

夜に騒音を出さずにとりあえず、この2点を作ってみました!

IMG_0266

形が歪なのは突っ込まないで(笑)

まだまだ初心者なので、コレくらいしかできていませんが、今後はもう少し複雑なものにも挑戦する予定です。

ちなみに、ボタンの部分はどうしてもハンマーを使わないとハマらなかったので、昼間にこそっと打ち込みました。

今後も深夜のクラフトマンとして、騒音を出さすにどこまで良い物が作れるのか、ブログで発信していきます!どうぞよろしく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です