缶でボバフェットのドット絵!缶で作るアート『Can-Struction』

スター・ウォーズの最新作公開まで、後少しですね!待ち遠しいです。

この気持ちは世界共通らしく、アメリカのスーパーで働く少年もスター・ウォーズ公開にテンションが上がり、こんな作品を作り上げてしまったようです(笑)

View post on imgur.com

なんとスター・ウォーズの人気キャラクター、ボバフェットのドット絵です!しかも、スプライトやコカ・コーラのボックスで作ってあります。才能の無駄遣い過ぎます(笑)

でも、海外ではそこまでビックリするような光景ではないようです。

こういった缶を積み上げて作品を作る『Can-Struction』というものがあるようで。しかも、1992年から公式な組織がコンテストを行う等、歴史と伝統のあるアートなのです。

今回は、そんなちょっと変わったアート『Can-Struction』の作品をピックアップしてみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

気になる『Can-Struction』12選!

まずは、ドット絵の作品。

1. オバマ大統領

can-41

参照元

オバマ大統領の有名な”hope”ポスターを缶で表現。再現度がかなり高いですね!

2. エルヴィス・プレスリー

can-2

参照元

続いて、プレスリー。左の絵と比べてみると、忠実に再現されていることが分かりますね。右目や鼻の辺りの缶を見ると、色を変化させています。この微妙な色の変化が遠目に見たときに立体感を生み出しているんですね。素晴らしい!

3. アインシュタイン

Canstruction-Can-You-Imagine-an-End-to-Hunger

参照元

“Can you imagine?”のコピーが秀逸ですね。手前にはアインシュタインが導き出した有名な式”E=mc^2”も缶で作られています。

4. マリオとパックンフラワー

canstruction_08_mario_01

参照元

ドット絵を構成している缶が縦長なので、出来上がる絵柄も縦長ですね(笑)でも、そこがいい味を出していたりするのかも。

5. キース・ヘリング

images

参照元

いろんなところで見かけるので、みなさんもご存知ではないでしょうか?キース・へリングの作品を缶で再現です。白い枠からはみ出しているのがダイナミックですね。

続いて、立体の作品。Can-Structionは立体作品の方が多いようです。

6. R2-D2

IMG_1365

参照元

本物そっくりなR2-D2です!頭のランプを点灯させるための電源コードが足下から伸びているのは、見なかったことにしておきましょう!(笑)

7. R2-D2とTIEスター・ファイター

canstruction-winner-2013-2014-best-meal

参照元

こちらは的のスペースシップTIEスター・ファイターもセットになっています。両方とも再現度が高く、リアルにできていますね。

8. コンバース

canstruction

参照元

一目見て何かわかりますね!コンバースの星マークもしっかり再現されています。紐まで缶で作っているところにこだわりを感じます。

9. スヌーピー

tumblr_kvm3cfT4u61qathnc-52616267ca165

参照元

お次ぎはスヌーピー。缶以外の素材も使用しているようですが、キャラクターだけでなくセットまで作っているところがすごいですね。

10. アングリーバード

Canstruction-58-537x368

参照元

色も形も完璧な作りです(笑)でも、これだと投げられ前に崩壊してしまいそうですね。でも、爆発が上手いこと再現されて、それはそれで面白そう。

11. パックマン

Cincinnati-Canstruction-2012

参照元

おなじみのパックマンです。パックマンの口の中をきちんと赤色で再現しています。さらに左端には、小さい白いドットも缶で作ってありますね。

12. 缶

JF

参照元

最後は、缶で缶を再現している作品です。こういうシュールなアイディアも面白いですよね!よく見ると無駄のないデザインで洗練されている印象があります。良い作品です。

まとめ

いかがでしたか?

缶で作るアート『Can-Struction』。

定期的に世界大会なども行われているようですので、興味がある方は是非、チェックしてみてください!

Canstructionについてはここを参考ください!

Canstruction.org

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です